《マツコとマツコ》マツコロイドが子守りに挑戦!感動の嵐!?マツコも思わず涙。はじめての留守番編

スポンサードリンク





9月19日放送のマツコとマツコ。
今回はマツコロイドが子守に挑戦します!
やんちゃ盛りの3歳の双子に対し、マツコロイドは無事に子守をすることができるのでしょうか!?





今回のマツコロイドは子守に挑戦です。
今まで様々なことに挑戦してきたマツコロイドですが、
今回は身動きが取れない体でどうやって子守が成立するのか、
気になる内容ですね。



まずは自己紹介


まずは自己紹介です。
マツコロイドから「仲良くしてね」とご挨拶。
自己紹介されたちびっ子達はどのように反応するのでしょうか・・・

マツコとマツコ,マツコロイド,子守


当然のごとく、見知らぬ人がいると警戒するちびっ子二人。
3歳のちびっ子はマツコロイドを人間として認識しているのでしょうか?

マツコとマツコ,マツコロイド,子守2

普通の人間と見た目は違いないマツコロイドなので、
知らないおばさん?がいるのだと思ったのかもしれませんね。



不気味は来客者に対し恐る恐る近づくちびっ子二人。
部屋においているキリンのぬいぐるみでマツコロイドをツンツンつつくちびっ子。
ぬいぐるみで一緒に遊びたいみたいです。

マツコロイドが
「クマが好きよ」
というと、部屋からクマのぬいぐるみを持ってきてくれました。
ちゃんとマツコロイドの言う事を理解して、
一緒に遊ぼうとしているみたいです。
警戒心もちょっと薄れてきたようですね。

マツコとマツコ,マツコロイド,子守3



「私のこと怖い?」
とマツコロイドの問いかけには首を振るちびっ子たち。
警戒はしつつも、怖い訳ではなさそう?

マツコとマツコ,マツコロイド,子守4



いつも兄弟ゲンカばかりして、
お母さんの手を焼かせているやんちゃなちびっ子二人。
けれど、マツコロイドが見ていると
不思議と兄弟ゲンカは起きません。
兄弟ゲンカをする前に、未知なる来客に対し、
ケンカをすること自体、忘れてしまっているのかもしれませんね。

マツコとマツコ,マツコロイド,子守5


ミッション開始!


今回はお留守番をしている間のミッションがあるのです。

それは、お母さんが作った「お弁当を全部食べる」ということ。

 マツコとマツコ,マツコロイド,子守7


ただ、その中にはちびっ子二人が嫌いなブロッコリーが入っています。
いつもは嫌がって見向きもしないブロッコリー。

さて、ちびっ子二人は食べることができるようでしょうか?


最初はマツコロイドにお弁当を食べさせようとしていました。
物を食べられないマツコありがたく丁重にお断りします。

 マツコとマツコ,マツコロイド,子守8


今日もやっぱりブロッコリーを残そうとするちびっ子に対し、
「ブロッコリーを食べる男の子ってカッコイイな」
と子供心をくすぐる言葉を言うマツコロイド。

 マツコとマツコ,マツコロイド,子守8


その言葉を聞いて、お兄ちゃんは一口でパクっと
ブロッコリーを食べました!
弟も恐る恐るな感じではありましたが、
ちゃんとブロッコリーを食べました!

普段は決してブロッコリーを食べようとしないちびっ子二人でしたが、
今日はマツコロイドのためにちゃんと食べてくれました。

お母さんの言う事はあまり聞かないで、
マツコロイドの言う事がちゃんと聞くという
親心的には複雑な心境なのかもしれませんが、
お母さんに対しては甘えているのでしょう。





緊急事態!トイレに行ける?


お留守番の時間も残りわずかというところで緊急事態発生

おしっこしたくなったちびっ子。
普段はお母さんに連れて行ってもらっているのでしょう。

今回も一人で行くのが怖いのか、
「マチュコ来てよ」
と一緒に付いて来て欲しい様子です。

マツコとマツコ,マツコロイド,子守6

果たして、動けないマツコロイドはトイレに行かせることができるのでしょうか!?

 マツコとマツコ,マツコロイド,子守9


ここで機転をこらしたマツコロイド。
(言ってなかったのですが、今回のマツコロイドのテキスト打ち込みはスピードワゴンの世界の小沢さん)


「さっき、ブロッコリーを食べてカッコ良かった。
トイレに1人で行ったらもっとカッコイイわよ。」

とトイレに誘導します。

 マツコとマツコ,マツコロイド,子守10

そして!


ちゃんと一人でトイレに行くちびっ子。

 マツコとマツコ,マツコロイド,子守11

やれば出来るんですね。

子供は本当は自分でできることのに
一緒に来てほしいとねだりますよね。
知らない間に子供はちゃんと育っています。




そしてお別れ


お留守番の時間も終わりがきました。

子守も終わりです。

「実は私もう帰らなきゃいけないの」
とお別れを告げます。

マツコとマツコ,マツコロイド,子守12

すると、微笑みながら
「また来てね」
と言うちびっ子二人。
短い時間でしたが、マツコロイドもすっかり懐かれています。

二人そろって
「楽しかった」
と声を合わせて気持ちを伝えます。

さらには、
「マチュコかわいい」
と気持ちを告げるちびっ子。

マツコとマツコ,マツコロイド,子守13

これには思わずマツコもジーンと感激した様子。


短い間でしたが、ちびっ子二人と心を通わすことができたマツコロイド。
近い将来、子供の留守番をアンドロイドに任せられる時がくるかもしれませんね。

マツコとマツコ,マツコロイド,子守14



まとめ


動くことができないマツコロイドですが、
言葉を選んで子供の道筋を導けば
ちゃんと子守をすることができることがわかりました。


もちろん、子供の性格にも依るとは思いますが、
警戒心を取り除いて心を通わせばアンドロイドも楽しいお友達になれるみたいですね。

今後のアンドロイドの活用方法の一つとして期待できそうですね!





ひとりでできるもん [ あぶひゃく ]


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です