《怒り新党》【画像】ランプシリスの擬態が凄すぎると話題に!3大詐欺師みたいな動物特集

スポンサードリンク





10月8日放送のマツコ・有吉の怒り新党でミミックオクトパスの擬態特集が紹介されました。
ランプシリスは子魚に擬態して狙ってきた魚に○○をする!?その姿にマツコも驚愕!3大詐欺師みたいな動物特集





ランプシリスとは


ランプシリス。学名はLampsilis fasciolaといい、淡水性の二枚貝です。

ランプシリスの親貝は身体の一部を子魚に擬態しています。

この画像を見てもわかるとおり、
まさに小魚そのものですよね。

怒り新党,ランプシリス,擬態,育児嚢


この擬態小魚に誘われて、小魚を捕食する肉食性の魚が寄ってきます。

そして、近寄ってきた魚を逆にパクッと・・・

では無いのです。

チョウチンアンコウみたいに、身体の一部を餌のように見せかけて
近寄ってきた魚を食べる、という擬態ではなく、
ランプシリスの擬態は次の理由があるのです。


擬態小魚の誘われてブラックバスが近寄ってきます。

怒り新党,ランプシリス,擬態,育児嚢2

そして、擬態小魚を捕食しようと喰らいついてきたそのとき!


!!!???

怒り新党,ランプシリス,擬態,育児嚢3

擬態小魚に食いついたブラックバスの口に白い何かを噴出しました!
そして、ブラックバスのエラに白い何かが入り込みます。

怒り新党,ランプシリス,擬態,育児嚢4


この白い何かの正体は、実はランプシリスの子供なのです!
そうです。ブラックバスの口に、
子供(幼生)を放出するのです!

怒り新党,ランプシリス,擬態,育児嚢5


こうして他の魚に寄生し、
寄生された魚の身体(エラ)の中で栄養を摂取するのです。

尚、この小魚に似せた箇所は、ランプシリスの親貝の育児嚢という器官の一部となります。


こうして寄生した魚の中で成長をするランプシリス。

寄生した魚のエラから、血を吸って成長をしていきます。
他の魚に食べられやすい時期に、ブラックバスなどに寄生して安全に過ごすというわけですね。

怒り新党,ランプシリス,擬態,育児嚢5



ブラックバスなど、他の魚を捕食する大型魚自身にとって、
食べた本人も内側から自分が食べられることになるなんて思いもよらないことでしょうね。

これも捕食する方、捕食される方、捕食させる方、といった
弱肉強食の自然界のなせる業と言えるでしょう。







まとめ


育児嚢は単色で単純な構造のものもあれば、
ランプシリスのように小魚のように見せるほど
複雑なものまであります。

ランプシリスが何故、このように小魚と見間違わせるほどまで
育児嚢を進化できたのか、といったメカニズムは解明されていません。

生き延びるための生物の神秘ともいえる進化ですね。

しかし、擬態能力を他者への寄生に利用する、
という特殊な生態をもつランプシリス。

擬態にも色々な種類と方法があるのですね。

まだまだ未解明な部分もありますので、
今後の研究が期待されます。



海の擬態生物 [ 伊藤勝敏 ]

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です