がっちりマンデー》無人レンタサイクルのフレンツがお得すぎる5つの理由とは?儲かる自転車ビジネス特集

スポンサードリンク






11月8日放送のがっちりマンデーで無人レンタサイクルシステムのF-rents(フレンツ)が紹介されました。
自転車をシェアすること得する5つのメリットとは?
自転車ビジネスでがっちり儲ける特集!






東京都千代田区の株式会社フルタイムシステムは、
マンションなどの設置されている宅配ロッカーの産みの親です。

がっちりマンデー,自転車,無人レンタサイクルシステム,F-rents,フレンツ,フルタイムシステム


そのフルタイムシステム社が自転車ビジネスとして
自転車の無人レンタルとシェアによるビジネスを展開しています。


その使い方はというと、
マンションの住人が宅配ロッカーのタッチパネルを操作し、
マンションの鍵をロッカーにかざすことで、
扉が開いて自転車のカギを取り出すことができます。

がっちりマンデー,自転車,無人レンタサイクルシステム,F-rents,フレンツ,フルタイムシステム2

こうして、シェア用自転車の中で指定番号の自転車が使用できるのです。

がっちりマンデー,自転車,無人レンタサイクルシステム,F-rents,フレンツ,フルタイムシステム3



メリットその1 管理人や店員が不要

宅配ロッカーを使用するため、
管理人が居ない日曜日などや深夜でも利用が可能というメリットがあります。


メリットその2 メンテナンスが不要

また利用者の話によると、
自分で自転車を所有するとメンテナンスが必要であったり、
空気を入れたりパンクした時に気にしないといけません。

しかし、レンタルなのでメンテナンスを気にする必要もなく、
ベストな状態でいつも借りることができます。


メリットその3 バッテリーはいつもフル充電


電動自転車の場合だとフル充電されたバッテリーを借りることもできます。
そのため、いざ乗ろうとして充電が無かった!
ということもありません。
充電されていない電動自転車ってただ重いだけですので、
これは地味に助かります。

がっちりマンデー,自転車,無人レンタサイクルシステム,F-rents,フレンツ,フルタイムシステム4


このように、借りる側の住人にとてもメリットのある仕組みですが、
実は管理者側にもメリットがあります。





メリットその4 駐輪所スペース問題を解決

マンションの自転車置き場は台数を多く置くことができません。
住人の数だけの自転車を置こうとすると、
結構な敷地の駐輪所が必要となってしまいます。

そのため、無人レンタルサイクルはあることで、
自転車の置き場を補おうというわけです。

がっちりマンデー,自転車,無人レンタサイクルシステム,F-rents,フレンツ,フルタイムシステム6

こうすることで、住人全員の自転車置き場を確保する必要もなく、
自転車を使用したい人が自分の好きなタイミングで自転車に乗れるというわけです。


メリットその5 使用料はマンションの収入

気になる自転車の使用料ですが、
マンション側が自由に設定することができます。

そのため、この自転車シェアによる使用料も
大きな収入になってきます。

がっちりマンデー,自転車,無人レンタサイクルシステム,F-rents,フレンツ,フルタイムシステム5


とあるマンションでは、1日200円という使用料を設定していました。

毎日自転車に乗る人であればレンタルよりも購入した方が良いかもしれませんが、
平日は仕事で週末だけ自転車に乗るような人であれば、
レンタルの方がお得になりそうですね。



この無人シェアサイクルは2007年に開始され、
2015年まで設置数が右肩上がりとなっています。
そして2015年には520箇所へ導入されています。

がっちりマンデー,自転車,無人レンタサイクルシステム,F-rents,フレンツ,フルタイムシステム7


番組では、マンションへの導入が1箇所あたりいくらかの説明はありませんでしたが、
マンションへの導入が進むとフルタイムシステム社も儲かりますし、
街中での駐輪所問題や放置自転車も減るかもしれませんね。



無人レンタサイクルシステム F-rents(フレンツ)は今後も注目しておきましょう!


スポンサードリンク



参加ブログランキングです。応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です